季節の観光スポット情報

季節の観光スポット情報

2015-06-05

日吉ダムから美山町かやぶきの里をご紹介

006.jpg日吉ダム(ひよしダム)は京都府南丹市日吉町(旧・船井郡日吉町)中地先、淀川の主要支川の一つである桂川中流部に位置するダムである。

天若湖は関西屈指の釣りスポットとして有名である。近隣に古くから全国的にバスフィッシングで有名な大野ダム、和知ダムがあることもありブラックバス等を求めて多くのフィッシング愛好家が平日・休日問わず大挙して訪れる。ブラックバスは世木ダム時代から流入しており、日吉ダム完成初頭からランカークラスの良型が多数上がっている。変化にとんだポイントが多数あることと、1日で回れる適度な規模の為、バサーから人気が高い。

P6064496.JPG

園部城(そのべじょう)・園部陣屋(そのべじんや)は京都府南丹市園部町小桜町周辺にあった陣屋または城である。園部城が日本の城郭史で最後の建築物となる。

小麦山(子向山)標高173.8mの東麓にある台地に築かれ、北側には園部川、西側に半田川を天然の堀として利用し、南側と東側に堀を巡らせ、もっとも外側の低地には延々2kmに渡り外堀を構え守りを固めた。主要部分は京都府立園部高等学校にあった。中世園部城と近世園部城と2つに時代に別けられる。しかし、中世園部城に関しては信憑性について疑問符も提示されている。天守閣はなかったので園部陣屋と呼ばれていたが、小麦山には慶応4年(1868年)建築の三層の小麦山櫓が建っていた。

f17eb0738a8e89776adabed172a401a3.jpgかやぶきの里・北村(かやぶきのさと きたむら)は、京都府南丹市美山町北(旧北桑田郡美山町)にある山村集落。今では珍しくなった茅葺き屋根の家屋がここには数多く残っている。

当集落は中世には丹波国弓削荘に属し、林業を主産業とする山村集落であった。集落の中を通る街道は、いわゆる鯖街道の一つとされ、京都と若狭の中間地であり、多くの旅人が行き来していた。そういった背景から、この集落の建築や生活様式はいろいろな地方の影響を受けたといわれる。北村は近世には篠山藩に属し、近隣の村とともに「知井9か村」と称された。
1993年(平成5年)、周囲の水田と山林を含む集落全体127.5ヘクタールが、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。
地区では「かやぶきの里保存会」を組織し、歴史的景観の保全と住民の生活を両立すべく、さまざまな検討を重ねた。その結果、住民が出資し、「有限会社かやぶきの里」を設立し、建造物の維持管理および観光施設としての運営を組織的におこなうようになった。

集落内の住宅は山麓の傾斜地を整地して建てられており、宅地正面には石垣を築く。現存している茅葺き屋根の家屋の多くが江戸時代中頃から末期にかけて建てられたものであり、「北山型民家」に分類される。丈の高い入母屋造の屋根と神社の千木のような飾りが特色である。
この村は50戸ほどの集落であるが、うち38戸が茅葺き屋根である。交流館、民俗資料館、民宿などもそのなかに含まれる。集落の外れに食堂と土産物屋があるが、それらは(有)かやぶきの里が運営している。その建屋も茅葺き屋根である。

ページトップへ

wire_kingLinkIcon